北國新聞は人の契約書を勝手に更新するの?

北國新聞松波営業所で、私が契約書について経験したことを偽りのない事実を書いていきます。

松波営業所の田●さんの愚痴り話はこちら

 

北國新聞は人の契約書を勝手に更新しているの?

勝手に更新しているのは、本社の方なのか、それとも営業所の田●さんなのか気になるところですが、私の予想では、田●さんではないかと思っています。

田●さんが私の契約書を勝手に更新しているのに、何で松波営業所に、私の契約書が一度もないことが不思議です。

私以外の契約書は、全部、置いてあるそうです。

田●さんは誰が裁判の判決をするのか知らないの?

 

北國新聞の契約書の更新時期はいつ?

私は、揉めないための話し合いの日に、松波営業所の田●さんに、契約書の更新時期は、1年に1回だと聞きました。

「2回目以降の契約書の更新は、あんたに契約書の中身を見せて、納得した上での更新となります。」と、田●さんに聞いています。

私の契約書は、初月以外で、経費・手当別で、手取り30万円だと聞いています。
(本当の初月の給料はない代わりに、1回目の振り込みを最低25万円。)
本当の振り込みの2回目で、手取り30万円にしておいてやるぞと言われて、契約書に、名前+ハンコをしたのでした。

最初は、田●さんは、契約書の更新は、1年に1回だとおっしゃっられていたのに、2回目は、1カ月に1回更新→3回目は、3カ月に1回更新→4回目は、3カ月に1回更新→次の9月は、あんたの契約書の更新月ということは、数カ月に1回の更新となるという意味合いにもとらえられます。

社長と松波営業所は別の会社なの?

 

一体、誰が私の契約書にハンコを押したの?

田●さんは、契約書のハンコは、あんたが経費・手当別の月30万円以上の契約書に押したハンコ一つだけだと、おっしゃられていていました。

契約書のハンコは一つなのはずなのに、何で、田●さんか本社の方が、人のハンコを使用したのか気になります。

人のハンコを勝手に、購入して、契約書にハンコを押す会社は、私は、北國新聞さんが初めてでした。

北國新聞の時給の考え方とは?

 

あんたの契約書を取り寄せしておく

北國新聞松波営業所の田●さんは、「あんたの契約書をまた取り寄せしておくわいや!!!」と、おっしゃられていていました。

また取り寄せ」と、おっしゃられています。

私は、田●さんが私の契約書を更新しているのかと思ったら、本社の方が私の契約書を更新しているという意味合いにも感じます。

また取り寄せということは、前回も私の契約書を取り寄せしたということになります。

私は、一度も、自分の松波営業所の契約書の内容を見せてもらったことがありません。

また取り寄せということであれば、以前に取り寄せたものを見せてほしいものですが、私の契約書だけ、一つもないというのです。

新聞配達で諸経費を源泉に載らない方法とは?

 

2018年9月10日は、私の契約書の更新月

この9月10日は、休刊日でした。

揉めないための話し合いの日でも、そうだったのですが、私は、新聞配達をしたいわけではありません。
田●さんが私に、松波営業所の新聞配達をしてほしいのです。

私に新聞配達をしてほしい時は、契約を更新するために、田●さんの方から私の家に来るという約束でした。

それにもかかわらず田●さんは、契約書を更新しないままでした。

契約書更新月なのに、どうして、私に契約書を見せないのか気になるところですが、最初から9月11日以降に、田●さんは、「私に、新聞配達を辞めれば?」と言うつもりだったのでしょうか?

毎月のように、あんたに契約書を見せる、あんたの契約書を取り寄せしておく、あんたの契約書の説明をすると、田●さんは、おっしゃられていているのに、その時に言っていることと、契約書を本当に見せる日の言葉では全く違うことがまるで幼稚園児以下の考えだと思いました。

9月11日に、私は朝刊配達をすることになるには、その条件として、契約書を必ずあんたに見せてから
・7月には、揉めないための話し合いの日と同じ条件で更新
・8月には、今よりも少ない給料にはしない
・8月下旬と9月は、8月に振り込みしただけと同じ
だと、おっしゃられていていました。

白色の契約書に名前+ハンコってマジか

 

揉めないための話し合いの日と同じ条件で契約更新

この揉めないための話し合いの日と同じ条件で、契約更新ということであれば経費・手当別で手取り30万円万円以上という約束でした。

この経費・手当別で手取り30万円以上の更新は、2019年1月だと、田●さんに聞いています。

私が経験したみんな読むよキャンペーン

 

今よりも少ない給料にしない

今よりも少ない給料というのは、私の中では、揉めないための話し合いの日と変わりません。

揉めないための話し合いの日と違う条件であれば、田●さんの方からどこかどう違うのか説明があるはずなのですが、詳しい説明が全くありませんでした。

2018年の北國新聞CMの女優は誰?

 

2018年8月に振り込みしただけと同じ

この田●さんの意味合いがおかしいのです。

私は、2018年7月下旬に、「松波だけで、手取り13万円の約束を守られていないので辞めます。」と、田●さんにお話ししてあります。

この時に、田●さんは、次こそ(8月振り込み)で約束を守ると、おっしゃられていていました。

ところが、8月振り込みでは、全然、約束が守られていません。

8月振り込みと同じでは、私は、2018年7月下旬にも言いましたが、辞めますと、言ってあります。

毎月のように、田●さんは、嘘をつきまくりです。

来月こそは、「本来の給料+足りない分の上乗せ」これを毎月のように、田●さんは、繰り返してきました。

驚愕1回の嘘で3000万円支払ってやるぞ!!!

 

2018年9月11日に契約更新

田●さんの説明では、9月10日に契約書を更新しなかったということは、9月11日に契約書を更新するわけです。

ところが、この契約書を更新月のはずが私の契約書がないと言うのです。

何で、契約書更新月の1日目に、私の契約書がないのか疑問点があります。

北國新聞松波営業所田●さんの実録音声まとめはこちら♪

 

私の契約書は本当にあるの?

そもそもこの契約書更新月に、私の契約書はあるのか、それとも、契約更新月ではなかったのか、こういうことは労基さんに調査に入ってもらうことが私は一番だと、思っています。

労基さんが言うには、契約書は、営業所に保管しておくことが一般的だと、おっしゃられていて記憶があります。

あんたの契約書を取り寄せということは、本来は、松波に契約書を1度も保管してないという意味でしょうか?

でも、田●さんは、契約書の中に、労働基準監督に、持って行っているものがあるというのです。

ということは、田●さんは、私の松波営業所の契約書を保管しておかないといけないという感じもします。

田●さんは、毎月のように、コロコロおっしゃられていていることが変わるので、何が本当の北國新聞の契約書で、何が嘘の契約書なのか、さっぱり見当もつきません。

毎月のように、コロコロ条件が変わるのでしたら、その都度、私に、契約書を見せるのが筋だと思います。

契約条件がコロコロ変わるのに、契約書を見せない会社が存在するとは、ビックリでした。

私は、田●さんに、契約書を1度も見せてもらったことがないので、本社の方に、契約書を見せてもらうつもりでした。

ところが、田●さんは、次こそ見せるとおっしゃられていたので、私は本社に取り消しをしたのですが、田●さんは、私の契約書を家に持ってきません。

せめて、コピーなら持って来れるはずです。

私の契約書なのですから、働いた本人が契約書の中身を知らないことが、私の中では、あり得ません。

松波営業所に、本当に私の契約書がないのか本社に聞いてみると、松波営業所に私の契約書は置いてあると、おっしゃられていていたのです。

北國新聞に若い感性を取り入れると…!?



このブログに、誤字脱字があっても私が気付かない限り、ほぼ修正しません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

NO IMAGE

北國新聞松波営業所支店長は嫌がらせ行為が大好き♪

NO IMAGE

北國新聞松波営業所は所得隠ししている!?

NO IMAGE

北國新聞の新聞配達でお給料から経費が引かれてしまった!!!

NO IMAGE

M営業所の朝刊のガソリン代の契約条件